【社会人必読!】「藁を手に旅に出よう」の概要と感想

今回は、「”伝説の人事部長による「働き方」の教室” 藁を手に旅に出よう」の紹介と感想を書いていきたいと思います。

帯にもありますが、よくわからないまま働き始めた方や、既に社会人でこれからのキャリヤ、転職、働く意味などの「働き方のモヤモヤ」に悩んでいる方に必見の内容となっています。

NewsPicks 佐々木紀彦さんも推奨していて、全ての20代、30代に読んでほしい本とのことです!

どんな内容?

本の内容は、とある会社の新人研修が舞台になっています。

新入社員である主人公のサカモトさんやその同期の研修生向けて、伝説の人事部長と呼ばれる石川さんが寓話をテーマに、一般的な解釈とは別の視点から物語を捉えさせて、働く上での大事な考え方や気づきを与えていくストーリーとなっています。

実際に本に書かれていた例として、「亀とうさぎ」のストーリーについて紹介します。

一般的には、うさぎの傲りや亀の愚直な努力の大事さを伝えたものと捉えがちですが、「なぜ亀はうさぎ決闘を申し込んだのか?」「絶対に勝てない勝負に挑むべきだったのか?」という全く別の視点で考えさせ、「短期的な感情に囚われて、勝負を挑んだ時点で、亀の負けだった」「現実に後先考えない戦いに挑んでしまい、長く不毛な戦いをしなくてはならない」など、別の角度からの捉え方で、人事部長は新入社員に気づきを与えながら、働く上での大事な考え方を伝えていきます。

特に「うさぎと亀」のテーマで印象的なお話が、2種類の努力についてです。

  • どのフィールドで頑張るかを「戦略的」に考える努力
  • 実際にフィールドで行う努力

「うさぎと亀」のように自分の苦手な分野で、努力することが美徳にするケースがあるが、それを受け入れてはダメで、事前に自分がどの分野で努力をするべきかを「戦略的」に考える重要性を解き、この寓話について「フィールドを選ばすうさぎに勝負を挑んだ愚かな亀」と捉えておくべきだと伝えています。

自分も社会人になって、結構な年数が立ちますが、改めてどのフィールドを戦略的に選んで、努力するかを考えることの大切さを学ばせてもらいました。

ぜひこれから働く人にこの考えを参考にしてもらいたいですね!

ポジティブケイパビリティとネガティブケイパビリティ

この本の中で、二つの概念を紹介されていまして、私が一番印象に残った内容として、書きたいと思います。

  • ネガティブケイパビリティ → 答えの出ない状態を抱え続ける力
  • ポジティブケイパビリティ → 答えをすぐに出す力

一見、ポジティブケイパビリティが重要そうに見えますが、すぐに答えを出すべきでない深くて複雑な問題に対しても、すぐに答えを出してしまい、その時は良くても、後で取り返しのつかないことになるケースもあると書かれています。

特に、自分のキャリアがその典型で、すぐに答えが出せるものではないのに、その場の問題の解決のために、誤った選択をしてしまうそうです。

実は、ネガティブケイパビリティのように、一見モヤモヤをした状態ですが、その感覚を楽しむくらいで抱え続けることが時に正解になることがあると書かれています。

目的意識をどこに持つのかで、この概念の重要性が分かるようで、その例として「レンガ積み職人」の寓話を挙げています。三人の職人に何をしているかを問いかけするのですが、その答え方で仕事の質が変わるということを伝えています。

  • 一人目の職人 → 「レンガを積んでいる」
  • 二人目の職人 → 「壁を作っている」
  • 三人目の職人 → 「人が祈る教会を作っている」

上記のように、レンガ積みを作業として捉えるのか、大きな目的を実現するための手段として、捉えるのかで、本人の仕事の質が変わり、三人目の職人が一番良い仕事をするはずだと書かれています。

目の前の仕事をどう捉えるのか、そのために自分が実現したい大きな目的は何なのか、この答えをすぐに出すのではなく、ネガティブケイパビリティの概念であるように、モヤモヤしながら時間をかけて答えを出していくことも時には重要なのだと気づかされました。

キャリアで悩んでいる方へ

世の中にいろんなキャリアに関する本が出ていますが、私が知る中では、研修を舞台に、どの本よりもわかりやすく「働くとは何か?」「自分がどのようなキャリアを歩めば良いのか?」について言及しています。特にみんなが知っているような寓話を元に、いろんな角度から物事を捉えることにより、自分の凝り固まった考えを解いて、視点を変えた見方ができるきっかけを教えてくれています。

実際に答えが書かれていません。それは自分で見つけていく必要があるからで、ただ答えの探し方を教えてくれる最高の本だと思います。

これから社会人になる人やキャリアや働くことに悩んでいる方にはおすすめの本です!ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?